ホームページができるまで

ホームページをつくる過程を記事にして記録しようと思います。

・・・というのは

記事を6記事ほど作成してからデザインを構成する

その方が作業しやすいとのことです。

また初心者でも誰でも簡単にサイトをつくることができる

多くの方にそれを知ってもらいたいという想いもあります。

だからあえてこのサイトは低価格で素人が作ったということを公表します。

第1段階

まずホームページは「wordpress.org」で作成します。

ただ私は以前「wordpress.com」で試作をしたことがありますが、その時に「diver」というテーマを入れることができないことを理由に断念しました。そこで「.org」の存在も知りました。多くの方はこちらでホームページをつくっております。「.com」は無料でできることが魅力ではありますが、本格的にやりたい方は「.org」の方をおすすめします。

第2段階

ホームページを作るためには、「ドメイン取得」と「サーバーレンタル」が最低限必要になってきます。私は「ムームードメイン」と「ロリホップサーバー」を利用しました。初心者の王道です。

だいたいそれぞれの手順に沿って進めるのですが、価格でいうとドメインは「.com」で年間約1000円、サーバーは「ライトプラン」で初期費用1000円プラス月額250円程度の費用がかかります。

そのため月額300円程度で自分のホームページが手軽に運営できるのです。これを安いとみるか高いとみるかは人それぞれですが、高校生でも自分たちのホームページが運営できると考えたら凄い世の中になったと個人的に感じております。

ちなみにwordpressは細かいHTMLは不要です。だからワードで文章を打つのと同じ感覚でブログを更新することもできます。

またドメインとサーバーを作成したら最初はhttpのみで「このサイトは安全ではありません」と出て驚きました。httpsにするために「ssl」というものを有効にする必要があります。これはロリホップサーバーの管理画面で有効化することで解決されます。 

第3段階

ドメインとサーバーの準備ができたら完了なのですが、最初はただの文字のみのサイトでどうやったらちゃんとできるか心配になると思います。そこでテーマを活用します。

これは無料のテーマもあるので人それぞれですが、私の場合は「diver」というテーマを購入しました。本格的にやってみたいということで価格は高いですが、その分の価値があると判断して購入。価格については検索してみてください。

こんな感じでまずは大枠の準備をすることができました。かかった時間は初心者で手探りなので仕事終わり、育児終わりの隙間時間を活用して3日ほどかかりました。

本当にやってみたら難しいのですが、慣れれば簡単にできると思います。今は自分で1から作るのではなく、作ったものを購入する時代です。ちなみに私のロゴは「ロゴスター」で作成しております。こちらもブランドキット3000円程度で名刺、封筒、レターヘッド、ファビコンがセットで手軽に作成できます。

是非とも誰かの参考になってくれれば幸いです。

次回につづきます。

おすすめの記事