伝動詩人えいたとは

どんな人

伝動詩人えいたとは

伝動詩人えいたHPより

19歳の夏に自死と交通事故で2人の友人を同時期に失った衝撃的な体験から社会活動に目覚める。

「あなたの目を見てインスピレーションで色と言葉を書く」即興詩人の活動でこれまで7万人以上にメッセージを届け、全国のイオンやアウトレットモールで200回以上の個展活動を続けて、現在は2ヶ月に1回は海外にも回っている。

また社会活動家として、被災地支援、地域活性、海外支援など活動は多岐に渡る。苦しむ人に出会いすぎ「社会がおかしい!根っこから変えたい!」と 想い、社会活動家として活動をはじめ、てんつくマン(吉本興行:山崎邦生の元相方)が主宰す る小豆島プロジェクトに引きこもりを連れて参加。

その後、NGO MAKE THE HEVEN のスタッ フに。東日本大震災では1年9ヶ月、熊本地震では6ヶ月間、地震発生直後に現場に入り「NPOユナイテッドアース」の現地支援リーダーとして活動に従事した。

そういった現場で、さらに命の大切さを訴え続け、バースカフェの代表としてメインナビゲーターをつとめながら、詩人としての個展、震災支援のための写真展、講演などを連動させながら世界各地、日本各地を東奔西走している。

またこちらの動画をご覧ください。

このように世界を渡る社会活動家です。

被災地支援であったり、人々の心を支えたり、とても素晴らしい方です。

主な活動

書き下ろし

全国そして世界各地での書下ろしは人々の心に希望とエネルギーを与えます。

最近ではオンラインでも書下ろしをすることができ、ZOOMなどオンライン環境が整ってきた今後もさらなる活動が期待されます。

私も先日書下ろしをしてもらいました。本当に素晴らしいメッセージをいただきました。一生大切にします。

バースカフェ

書下ろしの他バースカフェというものも行っております。

日本は世界で最も子育てが大変な国

その中で社会がこうであるがゆえに苦しんでいる母親、子どもがたくさんいます。

他の国であれば、親以外にも子どもを支えてくれる人が地域にたくさんいます。

また子どもは母親を選んできて生まれてくれます。今の時代に生まれてきた人たちは自らの意思でこの時代を選び、自分の選んだ人から生まれてくるととのことです。

私の子どもの誕生日も、祖父母の小さい頃亡くなった子どもと同じ誕生日ということで、これも何か不思議なものがあるのかもしれません。

彼と会うと苦しんでいる母親から涙と笑顔が生まれます。

本当に日本が誇る尊敬する社会活動家です。

コーディネート

彼が大切にしていることは、「魂」や「インスピレーション」「世の中を良くしたい」など

何より「人々に寄り添う」これを大切にしているとのことです。

これが大切なのです。本当に素晴らしいです。

被災地支援も積極的に行っており、芸能人をコーディネートしてつなげることもしているようです。

「寄り添う」や「つなげる」とかソーシャルワーカーを目指す者として尊敬しております。

社会活動家:Social Activist

社会において重要な役割を担っているのですね。

まとめ

直接ではありませんが、友人の主催するイベントにてオンラインで対面させていただきました。

あの目は、

大変な思いで生きている人を果てしない数見てきた目

果てしない人に勇気と感動を与えてきた目

目を見ただけで奥底にあるものを感じ取ることができ、その大きさに圧倒されました。

是非とも何かの機会に(オンラインも含め)是非一度会ってもらいたい人物として紹介させていただきました。

最近不思議な力で、不思議な人と出会います。きっとこれもソーシャルワークに生きていく上でのご縁なのかもしれません。

リンク先

伝動詩人えいた公式HP https://www.eita-peace.com/

おすすめの記事
人気記事一覧(全期間)