提供者:Pexels–2286921

福祉の歴史ではイギリスから始まり各地へそれが広がるという流れがあります。

日本でも救貧法であったり、ケアマネジメントであったりイギリスを参考にしたものは数多く、今後注目されるソーシャルインパクトボンドもイギリス発祥となっております。

今日はイギリスの救貧制度について学んでいきたいと思います。

それでは確認していきましょう。

イギリスの社会福祉の歴史

エリザベス救貧法

エリザベス救貧法は1601年に制定されました。

大きな出来事として、資本主義経済体制の浸透による封建社会の解体化が進み、「囲い込み運動(エンクロージャー)」が起きました。

「ユートピア」を著したトマス・モアが「羊が人間を食い殺している」と批判したことは有名です。当時は羊毛の需要が拡大しておりました。時代は工場制手工業(マニュファクチュア)です。

生産者である農民は土地を失い、大量の浮浪貧民を生み出したとのことです。

そして治安維持や社会秩序維持が悪化し、それらを回復するためには浮浪貧民を取り締まることだけなく、社会的な対策が求められるようになりました。

そうして制定されたのがエリザベス救貧法です。

エリザベス救貧法は「救貧税」という租税を財源をもとに、教区(かつての宗教単位)を救貧行政単位としました。全国一律ではなく、教区ごとに実施されました。

さらにエリザベス救貧法は貧民を3つに区分し、それぞれ以下のような対応を図りました。

①労働能力のある貧民

→ 労働を強制

②労働能力のない貧民

→ 救貧施設への収容

③扶養能力のない貧民の児童

→ 徒弟奉公を強制(親方の家に住み職業訓練や雑用を行う)

参考:徒弟制度とは-コトバンク

このように最初の救貧制度は、救済するというよりも働かせることによって浮浪を食い止めるという性格が強かったようです。

ワークハウステスト法

救貧法はその後改良されていきます。

1662年には「定住法」が制定され、救済を求め豊かな1部の教区に集中しないようにしました。

また1722年に「ワークハウステスト法」が制定されます。

これは「労働能力があるにもかかわらず働く意思のない者を排除することを目的」としております。

救済を受けるにはワークハウス(労役所)に入ることが条件でした。

日本の旧生活保護法でも「怠惰」は救済の対象としなかったように、救貧制度と労働は深い歴史があるのようです。※ちなみに当然今は怠惰のため救済しないという概念はありません。困窮には様々な背景があるからです。何よりも大事なのはまず人の命なのです。

このワークハウステスト法は失敗します。

①定住法は人々の移動を制限したことで経済の発展を弊害

②ワークハウスの運営が非効率的で救貧税を増加

③ワークハウスでの生活が劣悪で非人道的であった

これらの理由で救済される側はもちろん、救貧税を負担する側からも評判が悪かったとのことです。

ギルバート法とスピーナムランド制度

1782年に「ギルバート法」が制定されます。

これはワークハウステスト法の失敗を踏まえ

①ワークハウス(労役場)の廃止

②教区の自由な連合によって対象区域を拡大

③居宅保護中心の救済(院外救済)

このように救貧法が改良されました。

さらに1795年には「スピーナムランド制度」が導入されました。

これは「低賃金労働者に対してパンを購入できる程度の賃金補助を行うもの」でした。

こうして救済対象となる貧民の数は大幅に増加し、救貧税の総額も増額することとなったのです。

新救貧法

エリザベス救貧法から始まった救貧制度は、改善と反省を繰り返し改良されてきました。

しかし非人道的から人道的になった反面、救貧法に依存し労働意欲が衰退するという悪循環を生み、産業資本家層の不満を募らせました。

ここで出てくるのが「人口論」を著した「マルサス」です。

マルサスは貧困の原因を個人責任の問題にあるとし、救済を受ける者は「二流の市民」として扱うと主張しました。これは産業資本家層から多くの支持を受けたとのことです。

そうして1834年に「新救貧法」が制定されたのです。

新救貧法では

①救貧行政水準の全国統一原則

②収容保護原則

③劣等処遇原則

が打ち出されました。

特に劣等処遇原則は「救貧法の救済を受ける者の生活は、自立している最低階層の労働者の生活より実質・外見ともに一段劣ったものでなければならない」とし救済を抑制させたのです。

その後イギリスは世界の工場となります。

そこには新救貧法による非人道的な扱いを恐れ、低賃金労働を余儀なくされた貧民の生活があったとのことです。

こうして公的な救済が後退した中、民間の慈善事業が活発になります。そしてCOSやセツルメント運動、ブース、ラウントリーの貧困調査などが出てくるのです。

まとめ

いかがだったでしょうか。

再度キーワードを確認すると

①エリザベス救貧法

・教区ごとに実施、貧民を労働させることによる浮浪からの脱出

②ワークハウステスト法

・収容と労働を強制、非人道的な対策で運営も非効率的で救貧税も増額

③ギルバート法とスピーナムランド法

・対象を拡大、非人道的から人道的へ、しかし資本家からの批判を受ける

④新救貧法

・資本家支持の制度、全国一律、収容保護原則、劣等処遇原則

このような歴史の流れがありました。

救貧制度では「非人道的と人道的」「労働と怠惰」というシーソーのバランスをどのようにとるかが政策として考えられてきました。

そうした歴史の積み重ねの上で今があると考えると、考えさせられるものがあります。

それこそ今まさに「働きたくても働くことができず、結果貧困になる」という事態が訪れました。

これに関しては私からは出る言葉はありません。ただただ悲しい事態です。

私は以前SDGsカードゲームというものを体験しました。

SDGs2030のカードゲームで私たちのグループが体験した流れでは

経済(高) > 社会・環境(低)

お金があってもこんな社会で生きたいですか?

経済 → 社会や環境にお金を回す

それによって結果

経済(高) ≒ 社会(高) ≒ 環境(高)

という結果になりました。※これはあくまで私たちのグループでの流れです。逆に社会や環境が経済より多いところからスタートするグループも当然あります。

SDGsの目標の一つである「誰一人取り残さない」

それに向けて批判ではない形で結束することが大切だと感じます。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

以上エリザベス救貧法から新救貧法までの簡単な流れでした。

次回もよろしくお願いします。

参考文献:現代の社会福祉 鈴木幸雄編著 中央法規出版 第3章社会福祉の歴史 第2節イギリスの社会福祉の歴史

もしよろしければこちらも合わせて是非ご覧ください。

おすすめの記事