ダイナミック・ケイパビリティについて

本日は気になった用語のメモとして書いていきます。

皆さんはダイナミック・ケイパビリティという用語をご存知でしょうか?

実は2020年に経済産業省・厚生労働省・文部科学省が共同で発表した「ものづくり白書2020」の中で取り上げられ注目を集めている概念とのことです。

私も最近知りました。改めて他領域にもアンテナを張ることの重要性を実感しました。

ダイナミック・ケイパビリティは、目まぐるしく変化していく世の中で重要となる戦略経営論になります。

少し簡単にまとめていきます。

ダイナミック・ケイパビリティとは

ダイナミック・ケイパビリティはもともと戦略経営論における学術用語で、カルフォルニア大学バークレー校ハース・ビジネススクール教授のデイヴィッド・J・ティース氏によって提唱された戦略経営論とのことです。

時代や環境、状況等が変化すると、”企業固有の資源(自社の強み)”もまた硬直化を招き不適合のものとなることで逆に”自社の弱み”となってしまうという問題意識を背景として発展してきた流れがあるそうです。

今世界が大きく変化している世の中において重要な視点になりそうです。

 

このダイナミック・ケイパビリティは「ものごとを正しく行う」ではなく、「正しいことを行うこと」であり、次の3つの能力があります。

このように「感知(センシング)」「補足(シージング)」「変容(トランスフォーミング」の3つがあり、さらに「資産を再構成(オーケストレーション)」する企業家的な能力が中核となるとのことです。

またダイナミック・ケイパビリティの視点をみる上で、オーディナリー・ケイパビリティ(通常の能力)と比較された図があります。

オーディナリー・ケイパビリティとダイナミック・ケイパビリティの相違点

このようにダイナミック・ケイパビリティは「買う」ことができず内部で構築するものであり、それゆえ「模倣できない」ものとなっております。

ものづくり白書ではティース氏の言葉が掲載されております。

このように先がみえない現代や、今後到来されるDX時代において、ダイナミック・ケイパビリティは重要になってきます。これは製造業のみならず、他の業界でも重要な視点なのではないでしょうか。

引用・参考:2020年版ものづくり白書(ものづくり基盤技術振興基本法第8条に基づく年次報告)

https://www.meti.go.jp/report/whitepaper/mono/2020/index.html

ダイナミック・ケイパビリティの視点

このようにダイナミック・ケイパビリティの概念は企業や組織の「自己覚知」として有効な視点かもしれません。私は福祉に携わっておりますので、今まさに求められる視点だと考えます。

コロナ渦で「慣習」、「現状維持の姿勢」、「見直しや改善を疎かにしてきたこと」など変えざるを得ない事態となりました。組織が長ければ長いほど、きっとどこも色々な課題があります。

福祉の世界の話で言えば、「社会福祉法人を100年続けることは難しい」というある方の言葉があります。

教科書にも載るような全国的に有名な施設も、時代が進む中では職員による虐待といったニュースが出るといったようなこともあります。続けていくことは必ずしも右肩上がりばかりではないということです。

社会状況やニーズもまた有機的に変化していくものです。機械的に捉えていると、時代の流れが目に入らなくなるかもしれません。

このように今や有名なPDCAサイクルの概念も、別名デミングサイクルといわれるように製造業から来ました。(ちなみにの話でデミング賞というものがあります。)

なのでこのダイナミック・ケイパビリティも「ものづくりから拡散」していく考えなのかもしれません。

企業 → ○○

競争 → ○○

のように出てくる言葉を少し変換してみるとちょっと見方も変わります。

最後になりますが、白書にはこうも書かれております。

「”逆に言えば、このような能力は、企業の長年の学習によって構築された文化・遺産の産物であるゆえに、他企業には模倣困難なものとなり、かつ長期にわたって維持されるものである。”」

少し話がそれますが、今回のコロナ渦で考えさせられることは、私たちは「ないもの」ではなく「あるもの」に目を向けることを疎かにしていたのではないだろうか?ということです。

例えば、「自然の大切さ豊かさ」「社会資本や資源」「水が出るシステム」「ゴミ処理システム」「道路」「人との繋がり」「いつもの日常」などなど、きっと振り返るとたくさんあります。

私たちは「本当に大切なものは何か?」という本質的な視点を再度認識しながら次の時代へとバトンをつなげていくことが求められるのではないでしょうか。

以上ダイナミック・ケイパビリティの視点…でした。

ご覧いただきありがとうございました。

おすすめの記事
人気記事一覧(全期間)